4~6月期の実質GDP、年率1.9%増に上方修正 2次速報

1 week ago 4
ARTICLE AD BOX

[PR]

 内閣府が8日発表した2021年4~6月期の国内総生産(GDP)の2次速報は、物価変動の影響を除いた実質(季節調整値)で前期比0・5%増、年率換算で1・9%増となり、8月に公表した1次速報(年率1・3%増)から上方修正された。GDPの半分を占める個人消費と企業の設備投資が改善した。

 個人消費は1次速報の前期比0・8%増から、同0・9%増に上方修正された。GDPの計算に使う消費者物価指数の基準が見直され、消費の実質値が計算上引き上がったという。内需のもう一つの柱の設備投資は、1・7%増から2・3%増となった。1次速報の段階では出ていなかった統計を反映した結果だ。政府支出も医療費が伸び、0・5%増から1・3%増に上方修正された。

 足元の7~9月期は、新型コロナウイルス対応で4度目となる緊急事態宣言が出ており、政府は12日までの期限を都市部で延長する方向で調整している。今年は経済活動への制約がほぼ四半期を通じて行われる可能性が高い。政府は21年度の成長率を前年比3・7%増と試算しているが、より厳しい見方を示すエコノミストも少なくない。(古賀大己)