炊飯器が米を自動で注文する時代 アマゾン提携家電が増加中

1 week ago 1
ARTICLE AD BOX

[PR]

 米や洗剤などの残りが少なくなると炊飯器や洗濯機が気づき、自動的に宅配してくれる――。そんな機能がついた家電などを扱う国内メーカーが増えている。活用するのは、ネット通販大手アマゾンの「自動再注文サービス」だ。

 シャープはドラム式洗濯機で洗剤や柔軟剤を自動で再注文できるサービスを6月に始めた。洗剤などをタンクに入れておくと洗濯のたびに自動投入する機能がついた機種が対象だ。使用量を計測し、一定の残量になったらアマゾンが自動で配送。数日で自宅に届く。

 自動注文できる洗剤は約20種類あり、スマートフォンのアプリで選ぶ。担当者は「余計な注文や注文不足が起きない」と利点を説明する。サービスの利用状況を見ながら、他の家電にも広げるか検討するという。

 日立製作所パナソニックも、同様の機能を搭載したドラム式洗濯機を発売している。

一度使ったら、全員が使い続ける機能

 タイガー魔法瓶は米を自動で…